肌を白くする薬とは

肌を白くする薬として有名なのがハイドロキノンです。

医療の現場でもシミやそばかすを漂白する効果が利用されている、非常に信頼性のある薬の一つです。

クリーム状なので濃くて大きなシミにもピンポイントで塗布することができ、効果が高いとされています。

ただし、副作用もあるので用法容量はきちんと守りたいところです。

ハイドロキノンと併用することでより効果的だとされているのが、トレチノインが含まれるクリームです。

肌のターンオーバーの速度を2倍にさせると言われ、新しい肌を生み出してくれることを助けてくれます。

ただし、強い薬ですので肌荒れを起こしてしまう事もあるようです。

内服役で有名なのがシステインです。

ビタミンCを利用してメラニンの生成を抑制してくれる効果が高いとされています。

服用を始めたころには劇的な変化を感じる人も多いようですが、常用することで効果が薄れてきたり、人によっては白髪が増えてしまうといった副作用があるようです。

トラネキサム酸という肝斑の改善薬も肌を白くする効果があるようです。

前途のトレチノインによる肌荒れを改善することも出来るとされていますが、トラネキサム酸は血管を収縮させることで止血効果から肌を白くさせるため、使用には注意が必要でシステインと同様に続けて使用していると効果が薄れてしまうようです。

こういった薬も利用しながら、自分の肌が持っている力を回復できれば、より良いでしょう。

 

美容に役立つサプリメントの商品

きれいになりたくてサプリメントを飲む人がふえていますが、サプリメントにはどんな美容の作用が期待できるでしょう。医薬品ではなく、食べ物として販売されているサプリメントは、即効性があるものではありません。美容効果を得るためには、ある程度の長い期間に渡って利用し続けることが大切です。美容サプリメントは、肌にハリがないからコラーゲンを摂取しようといった摂り方で、その場限りの効果を期待して飲むものではありません。

 

そのことを理解せずに、サプリメントを使い続けていると、期待と異なる結果を得ることになってしまい、気落ちすることになるでしょう。美白サプリメントであれば、最低でも1週間から10日間は続けたいものです。体にサプリメントが合わなくて、やめざるをえなかったという事態が起きなければ、三カ月程度は継続して利用してみてください。お肌の状態が思わしくない時は、サプリメントを飲んで症状がよくなったと体感できるようになるまで、使い続けるようにしましょう。同じ種類のサプリメントでも、商品によって成分量に違いがあるので、個人の体質に合うかどうかはわかりません。

 

美容サプリメントにどんな効果があるか確かめるためにも、お試しサンプルを購入して継続するかどうか判断しましょう。ネットで口コミ情報を確認したり、商品の詳細説明を確認することもできますが、最終的に判断するためには、じかに商品を手にしてみて、確認する方法が確実です。サンプルで手ごたえがあったらまずは毎日欠かさず3か月は続けて、美容サプリメントの効果を実感したいものです。

 

美白になる方法@肌や顔を美白にする人気の美白化粧品・クリーム